子宮内膜症やヘルニアの痛みは漢方や病院治療で改善│病気基本ガイド

先生

ヘルニアの新たな治療法

病院

椎間板ヘルニアの新しい治療法として、メスを入れずに日帰り治療も可能なPLDDが登場し、人気を集めています。PLDDは日本では保険が適用されませんが、対象とする民間の保険会社が増えていますので、しっかりと確認しましょう。

死ぬ病気ではありません

女性

乳がんは、早期発見・早期治療を行えば、多くの場合で治る病気です。自覚症状がない場合も多いため、発見のためには定期的な検診を受けるということが大切になります。また、それに加えて自分でも体の変化に敏感になるようにしましょう。

ホルモンと子宮症状の関係

世田谷区で透析を行なっているクリニックでは、通院が難い人の送迎サービスも実施しています。院内の設備も整っていますよ。

子宮内膜症は漢方治療で改善することができますよ。執刀手術などが必要なく体に負担がかからない方法なので体にやさしいですよ。

子宮トラブルの症状とは

先生

子宮内膜症は子宮内部で増殖するはずの内膜細胞が子宮以外の部位で増殖、剥離を繰り返していく病気です。通常、この子宮内膜組織は女性ホルモンの働きによって制御されているのですが、このホルモン分泌がうまく機能しないことで内膜組織が過度に増殖していきます。結果、子宮内膜症の症状が顕著に表れ、強い腹痛や生理痛などを引き起こしていくのです。治療にはこのホルモン分泌を正常な状態に戻していく方法が用いられます。通常はピルなどのホルモン剤を使用していくのですが、体への負担を考えて漢方が用いられるケースもあります。漢方の場合、ホルモン剤に比べて副作用が少ないですし、何より体全体の調子を整えていくことも可能なのでメリットはその分多くなります。

体に負担の少ない方法

子宮内膜症の症状を軽減していくために活用したい漢方、それはそれぞれのケースによって多少異なってくるのですが、多くは血行促進、代謝アップの効果のある漢方が用いられます。血の巡りが悪ければその分体調にも変化が出やすくなります。その結果女性ホルモンの分泌にも異常をきたす可能性があるので、その根本を改善していくのです。もちろん、子宮内膜症の症状があまりにも重い場合、さらには自分だけでは対処しきれないという場合には専門の医療機関での治療、手術が必要になりますがが予防の面を重要視するのであれば漢方がオススメです。何かしらの子宮に関するトラブルで気になる点があるという場合には一度チェックしてみることをおすすめします。

脊椎が圧迫される病気

先生

後縦靱帯骨化症は症状が悪化するわけではなく半数以上の人は数年経過しても症状が変化しません。難病に指定されています。首を後ろに反らせすぎたり転倒、転落することで脊髄症状が出現したり悪化したりすることがあり、注意が必要です。